8年目血管外科医の日常

血管外科医の日常について書いています

自己紹介

始めまして

この度、このようなブログを開設することになりました

 

血管外科というと、外科の中でもメジャーなようでマイナーな領域になります

人工心肺を用いた手術から、ステントグラフト内挿術のような血管内治療、さらには末梢血管の手術まで、守備範囲は非常に広いのが特徴です

 

BSTの時に見たステントグラフト内挿術に強い興味を持ち、その道に進むべく現在の医局に入局しました

初期研修終了後から、大学に計4年、high volume centerに計2年勤務し、多くの経験を積みました

現在は外科専門医を取得し、胸部ステントグラフト内挿術指導医、腹部ステントグラフト内挿術実施医、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医の資格を持っています

現在も資格は新規申請中です

 

医師8年目、32歳ですが、結婚し、子供も1人います

仕事において工夫をし、家族との時間もある程度はとれる状態です

 

趣味はクルマ弄りをはじめとしたDIYです

これについても、何とか時間を作って楽しんでいます

 

皆さんのイメージでは、血管外科医はどうしても忙しいイメージが強いと思いますが、on/offをはっきりさせれば、それなりの時間は確保できると思います

 

そんな生活を少しずつ書いていきます

 

これから血管外科を始め、外科に興味があり進もうか考えている方の参考になればと思います

ちなみに、血管外科医の生活面にスポットを当てていくので、症例や疾患について、手術手技についてなどはあまり書くつもりはありませんのでご了承ください